ろーれる行政書士事務所

 代表 行政書士 

  矢島拓也(ヤジマタクヤ)

 新潟県行政書士会所属

 マイナンバーカード申請手続相談員

 1982年 9月 13日生まれ O型

 既婚・一児の父

 (娘を溺愛 笑)

 【好きなもの】

  スノーボード

  フットサル・サッカー

  スポーツカー

 【業務経験】

  空調設備工事

  ガソリンスタンド勤務

  自販機のお兄さん

  半導体工場(2交替勤務)

  はかり屋

  鉄骨工場の営業さん

  住宅営業コンシェルジュ

  測量機器代理店の営業マン

 【大切にしている言葉】

 「第一義」

 「価値観は人の数だけある」

 「人は人、みんな違って、それでいい」

  

  

  

 

代表挨拶

当事務所のホームページへお越し頂き、ありがとうございます。

ろーれる行政書士事務所 代表行政書士の矢島拓也(ヤジマタクヤ)と申します。

女手一つで育てられた私は『早く社会に出て、母の助けになりたい』と、友人たちよりひと足早く社会に出ました。

それから今日まで、たくさんの社会経験をさせて頂き、現在に至ります。

私は、自分自身が法定相続人となったことで、相続放棄などの手続きの煩雑さや難解さに苦しんだ経験から、『法律を知らないことで不利益を被る人が少しでも少なくなること』を願い、行政書士を志しました。

法律は『弱者を守るもの』でも『権力や権益などを保護するもの』でもありません。

全体の調和を考えたとき、何が一番良い解決策なのか・・・

その判断の基準・指標のひとつが法律である、と私は考えます。

一部の利益ではなく、全体の調和を考え、それに一番最適な解決策をご提案することは、『争いに至らないように事前に対処する=予防法務』を専門とする、行政書士にこそできることだと捉えています。

ご相談者様の目的のため、最善の方法を提案できる味方でありたい。

親しみやすく、なおかつ、頼りになる人でありたい。

そのために、今後も日々精進して参ります。

生まれ育った、愛するまち上越で

何でも話しやすく親しみやすい、でもけっこう頼りになる・・・

そんな人間であるよう心掛けて参りますので、どうぞお気軽にご相談ください。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

趣味

1.スノーボード

始めたのは中学2年のとき。

ある日、家族でスキーに行ったとき、母の友人が流行り始めのスノーボードにいち早く取り組んでいました。

スキー場のちょっとした起伏でエアーを決める彼を見て、一瞬でそのスポーツの虜になり、母に無理を言って、2点セットで3万円くらいの板を買ってもらいました。

僕の人生において、もっとも重要なピースのひとつとの出会いでした。

2.サッカー・フットサル

小学校高学年のころ、Jリーグが開幕しました。

それ以来、サッカーを見るのが好きです。

小・中とバスケ部だったのですが、正直、NBAよりもJリーグの試合を見ていました笑

ずっとプレイヤーになりたいと願っていたのですが、30歳を過ぎて、ようやく実現することができました。

今は週一度の練習と年に数回の大会(シニア)でボールを追いかけています。

3.ドライブ

ラリーが好きで、よくYouTubeで見ています。

好きな車もラリーカーばかり。特に【プジョー206RC】が好きです。

今まで乗ってきた車は

三菱 パジェロミニ(H56A)→スバル インプレッサ(GC8B)→ホンダ シビックSIR(EK4)→トヨタ カローラフィールダー(ZZE123)→スズキ スイフトRS ハイブリット(ZD53S)